ブログ

「美杏」の名前の由来

2005_0101_000000-DSCN0838030
こんにちは
今日は、私の名前の由来をお話致します。
三国時代の中国に董奉(とうほう)という名医がいたといいます。董奉は患者を治しても金をとらず、軽い病気の者には杏の木を1本、重い病気の者には5本植えさせました。彼の名声を頼って多くの患者が集まったので、いつしか大きな杏の林ができたといいます。植えられた木から取れる杏の実は飢饉の時の食料になり、杏の種はせき止めの薬(杏仁水)として使われました。
実は彼は千人で、死者の蘇生、悪鬼退散の術の達人で、300歳になっても30代の若さを保ったといいます。
杏林大学・杏林製薬。。。とかもここからきているそうですね。
私の母方の祖先が、沖縄の霊能者(ユタ)系の人で、父方の祖先は中国とのかかわりの深い中国系の人物でした。だからかなぁ
横浜中華街でのお仕事もとっても楽しかったですね。。。
国際通りに座っていても、結構、中国の方ですねか?・・・
とか言われちゃいます。
占いの世界を歩んでいくことになって、「杏」という文字がどうしても使いたく師匠の真魚先生に名付けて頂きました。
董奉(とうほう)千人の様に、私も少しでも皆さんの役に立ちたいですね。。

2010年7月25日

コメント

2 件のコメント
  • うるる より:

    美杏さんこんにちわ!
    ゆうでございます~。おげんきですか?
    美杏さんの名前、きれいだなって思ってて、
    由来をしって、さらに素敵だなって思いました。
    それから、その節はお世話になりました。
    なにかお手伝いできることあれば、何なりと
    お声かけくださいね。
    でわでわ、失礼でごじゃります。

  • M より:

    こんにちわっ☆美杏さん!
    路上で手相を見て貰って、
    どうしても、、って
    サロンに予約しちゃぃました♪
    お名前の由来、そうだったのですね。。。
    明日お会ぃすること
    楽しみにしてぃマス☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ピックアップ

霊療師 美杏(みあん)プロフィール

母方祖母は琉球ユタ(霊能者)、父方祖先は中国系占術師という家系。
幼少時より霊能力を授けられた。
美杏の占術は、占いの種類 命・卜・相に加え、「医」癒療法、「山」密教・経・付呪を用いた霊療法の五つの術を用途によって使用。いわゆる中国古代の五術が使いこなせる、数少ない占い師でもある。2014年アジア各地への修行にて、神通力(六神通)を完全マスターし、浄霊・お祓い・透視・霊療術が更に覚醒された。
日本全国各地・アジア方面からも訪れる予約客が絶えない「本当に実力のある」占い師である。

チャット占いお客様ご利用特典!