ブログ

沖縄の十五夜  お供え餅 「ふちゃぎ」

ふちゃぎ

こんにちは

今日は旧暦8月15日

十五夜。

沖縄では「ふちゃぎ」といって、

お写真の様なお餅をお供えします。

漢字で書くと「吹上餅(フチャギムチ)」。

やわらかいお餅に小豆をまぶしたものです。

豊作を祈願し、ヒヌカン(火の神様)と仏壇、神棚にもお供えし、

後から縁起食としていただきます。

小豆は魔除けの意味合いがあり、

小豆をつぶさずにまぶすことで当年の災難避けを願います。

台風の影響で今日は雲が多いです。

 

夜、お月さまに逢えますように・・・・

 

 

2013年9月19日

コメント

1 件のコメント
  • BREED より:

    こんにちは

    ブログを見ていると美杏先生が神仏と繋がって
    いるのが良くわかります。☆
    自分は作品で使うために台風を録音しました。
    良い音で録音出来ました。

    綺麗な満月も見ましたよ!☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ピックアップ

霊療師 美杏(みあん)プロフィール

母方祖母は琉球ユタ(霊能者)、父方祖先は中国系占術師という家系。
幼少時より霊能力を授けられた。
美杏の占術は、占いの種類 命・卜・相に加え、「医」癒療法、「山」密教・経・付呪を用いた霊療法の五つの術を用途によって使用。いわゆる中国古代の五術が使いこなせる、数少ない占い師でもある。2014年アジア各地への修行にて、神通力(六神通)を完全マスターし、浄霊・お祓い・透視・霊療術が更に覚醒された。
日本全国各地・アジア方面からも訪れる予約客が絶えない「本当に実力のある」占い師である。

チャット占いお客様ご利用特典!