ブログ

日光東照宮

おサル

先日、日光東照宮に参りました。

※詳しくはFBご参照下さい。

見ざる・聞かざる・言わざる→は中国の孔子からの言い伝えだそうです。

小猿がこの世に生まれてから人生を終えるまでの成長の絵でした。

(全て撮れてなくてごめんなさい)

おサル-2おサル-4おサル-5おサル-3

仏教、道教、神道などが混ざり合った民間信仰の「庚申信仰」が結びついたとも言われています。

庚申信仰では猿は神様のつかいで、本尊などには三猿の絵が描かれたものが多く、

「目・耳・口をつつしむことが、厄を避ける」という教えもあるのだそうです。

孔子は

「礼節にそむくことに注目してはいけない。礼節にそむくことに耳を傾けてはいけない。

礼節にそむくことを言ってはいけない。礼節にそむくことを行ってはいけない」と、四つの戒めを伝授。

ということは、本当に四匹のお猿さんがいたのでは?

実際、四という数字は(死し)日本ではあまり縁起がよくないという説から三匹になったそうです。

見ざる・聞かざる・言わざる +「するな」だそうで、股間を両手でふさぐ猿の絵が書かれています。

「するな」は、股間を両手でふさいでいるので、性的なことに関する戒めといわれています。

なるほど・・・・。 仏教的。

沖縄の美杏。

 

2017年9月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ピックアップ

霊療師 美杏(みあん)プロフィール

母方祖母は琉球ユタ(霊能者)、父方祖先は中国系占術師という家系。
幼少時より霊能力を授けられた。
美杏の占術は、占いの種類 命・卜・相に加え、「医」癒療法、「山」密教・経・付呪を用いた霊療法の五つの術を用途によって使用。いわゆる中国古代の五術が使いこなせる、数少ない占い師でもある。2014年アジア各地への修行にて、神通力(六神通)を完全マスターし、浄霊・お祓い・透視・霊療術が更に覚醒された。
日本全国各地・アジア方面からも訪れる予約客が絶えない「本当に実力のある」占い師である。

チャット占いお客様ご利用特典!