ブログ

上天妃宮跡

天妃宮

 

 

こんにちは

横浜中華街に媽祖廟というところがあります。

「媽祖」とは、実在した人物で、神通力が使え

人々を自然界の災難から救い病を治すなどの奇跡を起こし「通賢霊女」と呼ばれ崇められました。

しかし28歳の時に父が海難に遭い行方知れずとなり、

これに悲嘆した娘は旅立ち、神となったという伝承が伝わっています。

日本で最も早く祀られたのは那覇市で明の永楽二二年琉球王国の唐栄が最古とされており、

「上天妃宮」と呼ばれています。

現在、那覇至聖廟内に天妃宮として祀られています。(実際に 天妃小学校も在ります)

那覇市久米の上天妃廟跡は石門だけが保存されており、石門に続く碑が残されています。

今日は、なぜ、私が横浜中華街(出張鑑定など)との縁があるかをご説明しますね。

実は、私自身が、若い時よりその【媽祖】様の生まれ変わりと言われておりました。

8年前に、祖先の沖縄に縁あって戻って参りましたが、

自分のルーツや、琉球×中国の馴れ初めを感じている中で、いたるところで、媽祖様に関連の事柄に出くわします。

最近では「媽祖」様との交信が出来るようになりました。

なので、沖縄サロンの祭壇には、【媽祖】様ゆかりの物もお祭させて頂いております。

            沖縄 占い師 美杏

  天- 天-2

 

 

 

 

2014年4月8日

コメント

1 件のコメント
  • BREED より:

    美杏先生 おはようございます。

    前世媽祖さまだったんですね!☆
    会うのが楽しみになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ピックアップ

霊療師 美杏(みあん)プロフィール

母方祖母は琉球ユタ(霊能者)、父方祖先は中国系占術師という家系。
幼少時より霊能力を授けられた。
美杏の占術は、占いの種類 命・卜・相に加え、「医」癒療法、「山」密教・経・付呪を用いた霊療法の五つの術を用途によって使用。いわゆる中国古代の五術が使いこなせる、数少ない占い師でもある。2014年アジア各地への修行にて、神通力(六神通)を完全マスターし、浄霊・お祓い・透視・霊療術が更に覚醒された。
日本全国各地・アジア方面からも訪れる予約客が絶えない「本当に実力のある」占い師である。

チャット占いお客様ご利用特典!